スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世界一の生キズ女 by おばぁ

※アナウンサー風に読んでください。


茨城の奥地でふたたび傷害事件が発生しました。

被害者はおばぁさん、年齢非公表、女性です。

午後22時過ぎ、被害者者は寝室でゲームをやっていました。
ヘッドレストに上半身を預け、やや起き上がる形でゲームをしていました。
そこに容疑者であるもみじ容疑者(8ヶ月・♀)が襲来し、
ベッドの周りをぐるぐる回った後、被害者のそばにやってきました。

被害者はもみじ容疑者を疑うことなくベッドに招き入れました。
もみじ容疑者はしばらく周りを確認したあと、
被害者の胸上部に乗り、そこで香箱を組みました。
被害者は、前日に被害にあったおじぃさんの様子を知っていたため、
無理にどかそうとはしませんでした。
しかし鼻の穴・口の中に容疑者の毛がふさふさと進入してくるため、
ゲーム機を置いて容疑者を撫でてあげようと、セーブ作業に入りました。
しかしゲーム機の画面が変わり、動作音がした瞬間に容疑者の態度が豹変。

もみじ容疑者はその場から大ジャンプして逃走。
その際、被害者の鎖骨下部にもみじ容疑者後ろ足の爪が刺さり流血。
被害者の悲鳴を聞いて駆けつけたおじぃの懸命な救護活動により、
被害者は一命を取り留めましたが、重傷です。

被害者は次のように話しています。
「まさかゲーム画面でパニックになるとは思わなかった。そこかよと。
もみじは昨日のおじぃの怒り具合で反省していると思っていた。
マキロンはものすごくしみます。
昨日のおじぃの反応を楽しんでごめんなさいって思いました。
とりあえずチクビがもげなくてよかったです。」

その後逮捕された容疑者は、おばぁに全ての爪をパッチンされ、
さすがに反省した様子を見せていました。

 depressed.jpg
「・・・ごめんなさーい(´・ω・`)」


しかしおじぃおばぁが寝静まった後に、拘置所内にあったダンボールを勝手に開け、
中に入っていた「子猫用ドライフード試供品」を食べ漁るなど、
まだまだ謝罪の気持ちは薄いようです。

 lie_down.jpg
「はーまんぷくまんぷく。たまには新しい味も楽しみたいわよね(`・ω・´)」


反省の態度が見えるまで、そばで観察したいと思います。
まったくもーたんは!ぷりぷり!!



スポンサーサイト
もみじ | 08:55:37 | コメント(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。